2015年1月17日 (土)

新感覚!の冷凍卵とは

久しぶりにブログでレシピを書けるって嬉しい。
FBやinstaで皆様の興味を惹き付ける事となった、
黄身の味が濃厚になる、噂の「冷凍卵」でございます。

レシピというほどのものじゃございません。
作り方は至ってカンタン。

① 殻ごと冷凍庫へin。
   私はパックごと入れてしまいます。
    凍らせると膨張して殻にヒビが入ります。     


② 凍った卵を室温に戻し、40〜50分放置して解凍。
   解凍されると白身も黄身もネットリ。


③ それを醤油漬けに。醤油+みりんだと、
   漬け時間が長くても しょっぱさが緩和されます。
   あるいはもっと小さな容器に卵一つずつ入れて
   醤油小さじ2弱+みりん小さじ1/2を黄身の上からかけ
   ておくだけでもOKだそうな。
  →それはこちらを参照
   画像の私のつけだれの調合具合は適当です。
   普通、漬け卵の漬込時間は4時間〜1日程度のところ、
   冷凍した卵は、組織にたれが染み込みやすくなっていて
   途中黄身をひっくり返して合計30分も漬ければOK。

 


④ 出来上がった醤油漬け卵をあったかご飯に載せて
   Buona petito! です。
   白身は?とよく聞かれます。ググればいろんな使い途が
   出てきますが、私は白身も一緒に醤油漬けに。
   普通、卵がけご飯って黄身だけで食べないでしょ?
   まあ、漬けだれからすくう時は少々、難儀だけど。

NHKのあさイチでやっていたのを見て早速試しました。
よく卵を無駄にしてしまうアタクシにピッタリ。
でも生なので、冷凍でも早めに戴くに越した事はないですね。
冷凍卵をハンバーグやおにぎりに入れたり、
そのまま衣をつけて揚げるのもアリだとか。
いつかやってみたいですな。

----------------------------------------------------

Banner468x60_a



 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

マメビトへのレシピ

“マメビト”というのはマメな人の事ではありません。
これは「豆好きの人達におくるレシピ」という意味です。

ぴぃ子さまのリクエストにお応えして【レンズ豆のサラダ】を
今週発売された雑誌の中で最も美しい、●umberの最新号
『超浦和主義』を添えてご紹介致しましょう。
(勝手にやらせてちょーだい)

このサラダはある豆料理の本にあったもので、
一度作って病みつきになりました。

まずは材料。
レンズ豆(乾燥)200g にんにく一かけ ピーマン1個
赤と黄のパプリカ1/2個ずつ 玉葱1/4個 ローリエ一枚 

        Number

ドレッシングは
粒マスタード小さじ1 ワインビネガー大さじ3 
EXオリーブオイル大さじ2 塩・こしょう
ミントの葉少々(カラミンサでもOK!)

          _

豆を10分程たっぷりの水に浸してから水気をきっておく。
玉葱はみじん切りで水にさらす。
鍋に豆、水3カップ、にんにく、ローリエを入れて煮る。
沸騰したら蓋をし、弱火で15分ほど。

        Photo_4

15分たたずとも途中、煮え具合を確認してね。
かための方が良いです。
皮がぐちゃっとなっては柔らか過ぎかも。
煮えたらざるに上げて流水にとり、水気をきる。

ピーマン、パプリカは豆と同じ大きさに角切り。
        Photo_6

ドレッシングの材料を混ぜ合わせて
ボウルに豆と野菜を入れ、ドレッシングと
味がなじむようにしっかり混ぜましょう。
何度か作るうちに、だんだん自分好みに調味料の配分も
変わるかも。粒マスタードを多めにしたり、
バルサミコを少し加えても美味しいよ。
        Photo_7

はい、出来上がり!。
そのままでも、トーストに載せてもイケます。
以前にIKEMONで紹介したタルボレッタに載せて
食べるのが、私は一番好きデス。ワインが進みます。

   Photo_5

では皆様、良い週末を。
ワタクシはこれから埼スタで赤く染まって参ります。
今夜浦和の町で優勝祝いに狂った赤い人達を見たら
その中にきっと、このワタクシもおりますことよ!


--------------------------------------------------------------------------

Banner468x60_a_4

| | コメント (6) | トラックバック (0)