« ご協力ありがとうございました | トップページ | 罫線の猫達 »

2011年9月25日 (日)

ありがとう

P1110102_3

母の手は主の愛をもて 母の手は主の力あり、
母の手は主を指し示し   幼き我に教えませり
        (旧新生賛美歌 243 『母の背に』より)

2011. 9. 20
------------------------------------------ 

Banner468x60_a_2

 

|

« ご協力ありがとうございました | トップページ | 罫線の猫達 »

コメント

また会う日まで、良き思い出は私の心の中に。

投稿: シャルドネ | 2011年9月26日 (月) 11:24

mooさん、本当に良く頑張りました。
介護士の自分が見聞きしてる話でさえ、
本当に感服です。母上も、絶対に自慢のご子女と思っておられるに違いありません。月並みですし、年下の私が言っても全く含蓄ありませんが、本当にお疲れ様でした。尊敬致しております。
今度、我が家族とおっかない映画観に行きましょう!

投稿: びーたろう | 2011年9月26日 (月) 18:23

たくさんの楽しい思い出、お世話になった思い出をかみしめています。
びーたろうさんがおっしゃる通り、mooさんは自慢のご子女だったに違いありません。きっと平安のうちに眠りにつかれたことと思います。

投稿: ぴぃ子 | 2011年9月26日 (月) 22:15

●シャルドネさま
いつも話を聞いて下さり、ありがとうございました。母とは、次回、天国にて、母とわんにゃん話で盛り上がって下さい。これからも娘をよろしくお願い致します。

投稿: moo | 2011年9月26日 (月) 23:50

●ぴーたろうさま
本当は不満と愚痴ばかりの日々だったのですよ。お母様はよくご存知です。職場も応援してくれて、多くの心強い味方に囲まれた幸運な環境にも関わらず。私こそ福祉の仕事をされている人を心から尊敬します。私には出来ません。酒、ホラー、どちらでも結構デス!

投稿: moo | 2011年9月26日 (月) 23:58

●ぴぃ子さま
こちらこそお世話になりました。バザーで焼きそばの持ち場を離れて喫茶店に行くと、いつもぴぃ子さんがレジに居て注文をとってたよね。その後ろでママがケーキを切って。少年少女会に自然と溶け込んでいた風景が懐かしいです。ケーキ、あんなに沢山作ってたのに、結局バザーでは一度も食べなかったなぁ。

投稿: moo | 2011年9月27日 (火) 00:07

お疲れ様です。
とても安らかな御顔だったので、お幸せだったのだなと思いました。

しばらく寂しいかもしれないけど、美味しい物でも食べて紛らわそう!
ぜひともご馳走させてください。
“ごち”に出るような店でもいいよ。
ただしドレスコードがあるような店は勘弁ね。

投稿: | 2011年9月27日 (火) 11:19

●↑のコメ下さった方 江
魅惑的なお誘い謝し奉ります。Oさんですよね?先日はご丁寧にどうもありがとうございました。あの面子でゴチ店でもいいのデスか?(笑)楽しみデス。来年はとにかくスタジアム復帰したい。でも日曜開催じゃまた無理かな。

投稿: moo | 2011年9月28日 (水) 00:19

いいお写真でしたね!
オレとしては、Kさんが奇しくもおっしゃっていましたように、お昼のうどんのために「かきあげ」を揚げているママの姿が今でも一番「ママ」な感じで残ってます。
エスさまのそばに、調理器具一式置いていてほしい!

投稿: mikisuke | 2011年10月 8日 (土) 20:43

●mikisuke さま
母は我が家の蕎麦屋時代に毎朝天ぷらを揚げてたので、私も実はかき揚げママが脳裏に一番染みついてるんだよね。(笑)やっぱり台所に立ってる印象が家でも教会でも一番なのね。

投稿: moo | 2011年10月 9日 (日) 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145603/52833636

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう:

« ご協力ありがとうございました | トップページ | 罫線の猫達 »